黒い砂漠、映画、ドラマ、カメラ

【黒い砂漠PC】エンジョイ勢が黒い砂漠をプレイするPC 2020(検討編)

グラフィックボードご臨終

今使っているパソコンのグラフィックボードがご臨終しました。
やはり黒い砂漠はグラフィックボードへの負荷が高いので、寿命が短いですね、と思ったけど、購入時期を振り返ったら、じゅうぶん使ってました。

グラボだけ交換しても良いけれど、それでもリマスターモードやウルトラモードの世界を見ることができないので、パソコンを新調することにしました。

ドスパラ・GTUNE・Dell・Lenovo

GTUNEとDellよりドスパラのほうが良いスペックで安いので、今回もドスパラで検討します。
今使ってるのもドスパラで購入したPCで、満足してるし。
LenovoのLegionも安いけど、過去のあれこれから、ちょっと怖いので初めから除外しました。

黒い砂漠の動作環境

公式サイトによる推奨環境は以下のとおりです。

動作環境 リマスター ウルトラ
プロセッサ Intel Core i7-8700 Intel Core i7-8700K
ハードディスク 27G B以上 27G B以上
メモリー 16GB RAM 32GB RAM
グラフィックカード GeForce GTX1070 8GB GeForce GTX1080ti 11GB
OS 32ビットまたは、64ビットのWin10 32ビットまたは、64ビットのWin10

エンジョイ勢向けに構成を考える

ガチ勢で動画配信もするなんて場合は、最高スペックでもまだ足りないくらいだと思いますが、わたしはエンジョイ勢だから、SS(スナップショット)を取るときだけリマスターやウルトラにして、プレイは設定を落としても良いです。

黒い砂漠はGPUとCPUを基準に選べば良いので、GeForce RTX 2070 SUPER、Core i7-10700Kを積んだ「GALLERIA ZA7C-R70S」をベースに考えよう。
さらにコスパの良い「XA7C-R70S」にしなかったのは、ストレージが512GBでは現状足りなくて、1Tに上げると「ZA7C-R70S」をベースにするより若干高くなるからです。

ゲームだけなら、カスタマイズなしのそのままで良いと思います。

OSはわたしの場合ゲーム専用機にはしないので、「Windows 10 Pro 64ビット」に変更ですが、ゲームやネットだけならhomeで良いと思います。
メモリを32Gに上げたいところですが、趣味の領域なので、16Gで大丈夫でしょう。

だいぶ妥協の構成では?有名ブロガーさんは最高スペックを推してるよね?

Core i9ではなくi7、RTX2080TiではなくRTX2070 Superを選んでいるので、だいぶ妥協しているように見えるかもしれませんが、黒い砂漠を普通にプレイする分には、むしろオーバースペックです。

実のところこれ以上スペックを上げても、黒い砂漠側の問題で、性能を活かしきれないようなので、このくらいでじゅうぶんという判断です。

有名ブロガーさんはもっとハイスペックを推しているけれど、アフィリエイターの目線と、現実に買う人の目線は、違うよね。

黒い砂漠 エンジョイ勢が選ぶPCの構成のまとめ

GALLERIA ZA7C-R70S
わたしの場合OSを変更しましたが、ゲームのプレイだけなら、カスタマイズなしでOKという結論に至りました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です